年収が低くても結婚はできる!低収入男が婚活に成功するコツ

money_toushi_seikou年収が低いと婚活に勝てない」なんてことはありません

お嫁さんが欲しい、一人は淋しいと考えた周りを見渡したときに上手にパートナーを見つけることができない場合には、結婚相談所を頼るのが婚活の早道です。

ただし、これできっと結婚ができるはずと考えて結婚相談所に登録する時に、「うっ…!年収欄がある!」とビクビクしてしまう男性は多いはず。

一般的に結婚を意識して結婚相談所に登録をする女性は、ゴールイン後の結婚生活や将来的な子供の養育費用を考えて、男性側の年収に厳しいチェックを入れています。

「もしかしたら、俺の年収じゃ婚活相手に引っかからないかも!?」なんてビビる必要はありません。

今回は婚活の男性の年収の関係について解説しながら、低収入の男性でも結婚相談所で婚活を成功させる秘訣を、こっそり教えていきましょう。

婚活する女性の求める男性側の年収はどれぐらい?

ハッキリ言わせていただきます。

男性の年収は高ければ高いほど、結婚相談所では女性側から多くのアプローチが受けられて、年収が低いほどアプローチは少ない、これは間違いありません。

仕事の内容にかかわらず、一般的な男性の年収は次のとおりです。

  • 20代 ⇒ 約370万円
  • 30代 ⇒ 約490万円
  • 40代 ⇒ 約620万円
  • 50代 ⇒ 約740万円

自分と比べてみてホッとする人も、ガッカリしてしまう人もいるかと思いますが、年収が周りの男性会員と比べて低いことを理由に、婚活をあきらめる必要はありません。

婚活女性が求める男性側の収入は、むやみに高いものではなく、「自分よりも下の年収はちょっと…」ということの方が多いです。

職業にもよりますが、結婚を意識する30代の女性の年収は一般的に200~300万程度なので、年収が低い男性でも充分に婚活チャンスはあります。

あきらめずに、婚活で成功する方法を考えていきましょう。

年収が低い男が婚活で成功するポイント

どれだけ「男は年収じゃないさ、ハートさ!」なんて強がってみても、数字として比較がしやすいぶん、婚活の場では年収が大きな影響を与えてしまいます。

とにかく自分のハートを評価してもらいたいのであれば、まず自分をアピールできる場に積極的に出かけていくことが大事!

結婚相談所のパーティやイベントには積極的に参加して、自分の外見や人柄をアピールしていきましょう。

年収が少ない男性でも、

  • 順調に昇給できる会社に勤めている
  • 居間より有利な職場に転職する予定がある
  • 自分名義の家があり、家賃はかからない
  • 共働きでも妻をフォローできるように、家事を勉強している

などなど、書面のプロフィールでは負けても、直接女性にあえば年収以上の自分の魅力をアピールする余地は十分にあります。

あわせて、自分の今の年収を下げない努力も大事ですね。

仕事に打ち込む姿も女性をグッとさせるアピールポイントですので、自分の基盤をしっかり守りながら、理想の妻を見つける努力を続けましょう。

婚活パーティでモテる男は平均的な男

婚活パーティに何度参加しても結果が出せず、悔しい思いばかりしているあなた。

「なんであんな男がモテてるんだ?俺のほうが身なりには気を使っているし、女性が興味を持ちそうな話題だって豊富にあるのに……」

と、解せない思いでほかの参加者をうらやんでもどうしようもありません。

婚活パーティで結果が出せない原因は、「自分の見せ方」に問題があるのではないでしょうか?

婚活パーティでモテない男の特徴

婚活パーティは見た目勝負です。どんなに内面が素晴らしくても、「それが外面ににじみ出ている!」と豪語しても、初めて会った他人が抱く印象は意外なほどアッサリしたものです。

婚活パーティでは、「最初の印象が強い=いい印象」とは限りません。

自慢の胸筋をアピールしようとした服装が、「ああ、あのチビTの人ね」となったり、声の良さと滑らかな語り口を披露したところ、「ショーン風」と呼ばれてしまったり……。

自分のいいところをアピールする男性は、なぜかやからしてしまい、ただ悪目立ちする結果に終わります。

「いいところを伸ばす」は婚活パーティではあてはまらない

昨今の学生や新入社員は「いいところを伸ばす」教育を受けて育ってきました。

苦手なことやできないことにとらわれず、出来ることを伸ばしたほうがその人らしく生き生きとしていられるからです。その考えにはまったく問題はないのですが、残念なことに、これが通用しない世界があるのです。それこそがこの婚活パーティです。

自分のいいところに自信を持ちそれをアピールしても、初めて会った人がそれを気に入るかどうかは別問題です。むしろいいところに目を向けすぎて、修正すべき自分の欠点に気付かないでいるほうが、初対面の人には悪い印象を与えてしまいます。

コンプレックスに対処し平均的ないい男を目指せ!

それでも婚活パーティに参加するにあたっては、いろいろな自己分析をしていることと思います。

「もうちょっと身長があれば……」「一重まぶたは……」など、気にしてもしかたのない外見や学歴、職業、収入などに自信を持てる人は少ないかもしれません。

しかしコンプレックスそのものは欠点ではありません。むしろそれに対する心理的な対処法が問題で、開き直りや卑屈になる、重要視せず気にする人をバカにする、などの気持ちこそが欠点なのです。

婚活パーティでモテる男は、いいところも悪いところも目立たない男です。

普通に清潔感があって、普通に感じが良くて、普通に会話ができる。

そんな平均的ないい男こそが、婚活パーティの勝者になれるのです。

婚活パーティーの人数は多いほうがいいのか?少ないほうがよいのか?

ここでは婚活パーティーの人数について検証していきます。

参加する人数は多いほうが良いのか、それとも少ないほうが良いのか。

どちらもメリット、デメリットがあるので判断が難しいですね。

どちらが良いのか様々な角度から見ていきましょう!

それぞれのメリットを検証!

婚活パーティーに参加する人数によって、それぞれどんなメリットがあるのか挙げてみました。

少人数制婚活パーティーのメリット

  • 1人の人とたくさん時間を使って話すことができる
  • ライバルが少ない
  • 大人数の空間が苦手な人でも参加できる

大人数制婚活パーティーのメリット

  • 好みの人に出会う確率は高まる
  • 自分のことを気に入ってくれる人がいる可能性が高まる

どちらもそれぞれ良い点はありますが、どちらかというと大人数制婚活パーティーのほうが行く価値がありそうですね。

たくさんの人が参加していると、一人一人にかける時間が短くなって、深く話せないというデメリットこそあるものの、やっぱり自分の気に入った女性を見つける可能性が高まるほうに参加すべきでしょう。

例えば昔、学生時代を思い返してもクラスにいる女子20人がいたとしたら、自分がタイプだなと思う人は1人か2人程度ではないでしょうか。そう考えると、例えば5対5の婚活パーティーで自分の好みに合う人がいるかといえば、必ずしもそうではありません。

最近は多い所だとに20対20ぐらいの婚活パーティーもあるので、そちらに参加することをお勧めします。

人数が多い婚活パーティーの見極め方

人数が多い婚活パーティーがお勧めですが、その形式にも注意して参加すべきです。自分の性格によって向き、不向きのパーティーがありますからね。

例えば、自由時間が長い婚活パーティー。自分積極的に話しかけられる性格で行動力のあるタイプだったら、こういった婚活パーティーは向いています。

しかし逆に人見知りが激しくて、初対面の人には積極的に話しかけられない人は時間を無駄にするでしょう。

人見知りが激しい人は、1対1の時間を設けている婚活パーティーに参加しましょう。大人数でも1人5分~10分程度を時間をとって、席を随時入れ替えし、全員の人と話す時間を設けている婚活パーティーがあります。

また大人数や1対1は苦手だけど、3、4人のグループなら話しやすいという人もいるでしょう。そういった人は居酒屋やレストランで開催されている婚活パーティーがおすすめ!

最初から席が決まっていて、少人数で異性と話すことができます。主催者が時間を見計らって席替えを行ってくれますので、まんべんなくいろんな人と話すことができます。

婚活パーティーを選ぶときは参加人数にプラスして、どの会場で開催されるのかもチェックしておくと良いですよ。

最少催行人数もチェックしておこう!

最少催行人数とは、「何人以上集まったらパーティーを開催するか」というもの。

例えば10対10の婚活パーティーということで募集していても、男女どちらかが7、8人しか応募者がいないということもよくあります。それでも婚活パーティーを開催してしまうところもあれば、中止にしてしまうところもあります。だいたい10対10の婚活パーティーだと7、8人を最少催行人数としているケースがほとんどです。

この最小催行人数がしっかりと制定されていないところは危険です。少ない参加者なのに、料金は同じということになってしまいますからね。

「相手は8人だと思っていたのに4人しか来なかった」となれば、テンションも落ちますし、パーティー自体も盛り上がらないことが多いです。

応募前に、運営側に最少催行人数について問い合わせておきましょう。

男女比について

多くの婚活パーティーでは男女比のバランスをとっていますが、中には3、4人どちらかが少ないまま開催されてしまう婚活パーティーもあります。

例えば、「20人だったはずが、17人になってしまった」というぐらいならそこまで影響はありませんが、「8人の予定が5人になってしまった」というと、かなりバランスが悪いです。

こういったリスクを避けるためにも、やはりできるだけ参加者が多い婚活パーティーが良いです。そして、募集要項の中に、「男女比のバランスが悪くなった場合は中止の可能性あり」と記載されているものがお勧めです。

ただ、基本的に婚活パーティーは開催当日まで募集して、なんとか人数調整をしようとしているところが多いです。大手の婚活パーティーなら人数が揃わないのに悪い条件で開催しようなどと考えているところはないでしょう。

まとめ

ここまで多人数の婚活パーティーと少人数の婚活パーティーについて検証してきました。まとめると、下記のポイントを意識すると理想的な婚活パーティーに参加できます。

  • 15人以上の婚活パーティー
  • 最少催行人数が公表されている婚活パーティー
  • 男女比のバランスが良い婚活パーティー
  • 1対1の時間を設けている婚活パーティー

この4つを意識すれば、出会いのチャンスもより一段とアップするはずです。

婚活パーティーに参加すべき月とは?

婚活パーティーで結果を出す時、実は1年の中で結果を出しやすい月、出しにくい月があるって知っていましたか?

出会いは「タイミングが大事」といいますが、それは偶然ではなく、計算することが大事です。

婚活パーティーに参加するのにオススメの月を紹介しましょう!

出会いが多い月を狙え!

婚活パーティーは利用者が増える月が、1年の中であります。

特に利用者が増えるのが4月、5月、7月、8月、11月、12月です。

月別に見ていくと、4月、5月は「環境の変化が要因」として考えられます。

引っ越しをしたり、転職をしたりなど自身の環境の変化が生まれやすい時期なので、それを機に出会いを望んで婚活パーティーに参加する人の数も多くなっています。

婚活パーティーは1度だけでなく、何回も参加する人が多いです。

その場合、前回会った人にバッタリ会ってしまうことも考えられます。

人の入れ替わりを意識するなら、季節の変わり目はお勧めです。

7月、8月は夏の開放的なシーズンということ、そして「夏休みなど長期休暇を取れることも要因」といえるでしょう。

また、お盆休みに実家に帰省する際、「彼氏や彼女を連れて帰りたい」といった意見もあります。

11月、12月に増えるのは恋人たちの最大のイベントともいえる「クリスマスが要因」でしょう。

ある程度年齢がいってしまうと、「周りの友達は彼氏、彼女がいる」、あるいは「結婚してい」るという人も増えてくるため、より一段と誰かと過ごしたいタイミング。

そしてその流れで、「年越しも一緒に過ごしたい」と考えている人が増えています。

12月より一足早く、11月ぐらいから出会いを求めて婚活パーティーに参加する人が増えています。

1月はお勧めできない?

1月に婚活することも決して悪くはありませんが、ちょっとネガティブな要素も揃っています。

  • 「外は寒いので外に出たくない」
  • 「職場環境がまだ落ち着いていない」
  • 「1年の始まりにいきなり婚活に失敗したら嫌だ」

上記のような意見も聞かれ、1月は前向きに婚活しようという気持ちに至らない人も多いです。

2月もまだシーズン的に外は寒く、アクティブに活動したくない時期ですが、各婚活パーティーではバレンタインデー企画を実施し、普段とは違った催し物やサービスを展開しているところもあります。

他にも梅雨シーズンの6月もあまり人気がありません。

天気が悪いと外に出るのが億劫になる人も多く、デートしたいという気持ちが萎んでしまう人も多いようです。

天気や気候も出会いの重要な条件の一つなので、参考にしておきましょう。

こういった時期は婚活パーティーに参加しても人数が少ないなど、イメージした状況とは違った形になってしまうことも多々あります。

あの広告で婚活シーズンを感じ取れる!?

婚活シーズンは、「あるシーズン」と比例しているといわれます。

それは脱毛!

脱毛する女性が増える時期は、男性との出会いを意識している時期とも言えます。

  • 「肌の露出が増える」
  • 「男性の目を気にする」
  • 「男性との営みに備えて」

こういった心理が働く時期なので、電車や街中で脱毛サロンの広告を多く目にする機会があれば、それは婚活に力を注ぐ女性が増えているシーズンと解釈しても問題ないです。

特に夏前となる5月は、脱毛サロンの広告がたくさん出始めます。
この時期は自分の美に対する意識が上がっている女性も多いので、それに比例して婚活サービスを利用している女性も増えています。

男性にとって12月は狙い目?

男性にとって婚活パーティーは、12月がお勧めです。なぜ狙い目かというと、2つの理由が挙げられます。

1つは、クリスマス前に彼氏を作りたいという女性が増えること。12月に婚活パーティーに参加する女性は間違いなくクリスマスを一緒に過ごす男性がいません。

いつもより焦った気持ちがあるので、ハードルもやや下がっています。結婚を前提にといった長期的な視野よりも、「とりあえずクリスマスを一緒に過ごせる男性が欲しい」という心理のほうが強くなっています。

そして、もう1つの理由がスペックの高いライバルが減ること! 例えば、医者や弁護士、税理士などといった職業の人は、12月が最も忙しい月と言われています。

こういった仕事は12月に納会や総会を開催することも多く、仕事が終わってもその後に予定が入っている人が多いです。そのため、12月に婚活パーティーに参加するほど余裕がないのが現状。

スペックで判断する女性もいますから、そういったライバルが1人でも減るのは助かりますね。逆に自分自身が医者や弁護士などであれば、頭一つ抜け出した存在になるチャンスです!

まとめ

以上、婚活パーティーで狙い目の月について紹介しました。婚活パーティーの参加費用は、1年の中で料金が変わるわけではありません。それだったら、より多くの魅力的な女性が集まりやすい月を狙ったほうがメリットが大きいです。

ノーマルな月より女性心理として焦っている時期、心躍る時期を狙ったほうがチャンスが大きくなりますので、ぜひ実践していきましょう!

婚活パーティー参加予定の男性必見!女性が男性を見る優先順位とは?

ここでは婚活パーティーに参加する予定の男性へ、参考になる情報を紹介します。

女性からどんな部分を見られているのか理解できれば、婚活で成功する確率も大きくアップします。

そのポイントを紹介していきましょう!

やはり何より最初に目に留まるのが顔です。
イケメンかどうかももちろん重要な要素ですが、それにプラスして大事なのが表情。

イケメンでも、

  • 「しかめっ面をしている」
  • 「笑顔がない」
  • 「蔑んだ目をしている」
  • 「柔和な表情がない」

といった表情だと、ネガティブな印象を与えてしまいます。

イケメンかどうかの判断基準は人それぞれで難しいですが、表情が誰しもが同じ感情を抱きます。

是非、意識して婚活パーティーに臨みましょう。

ちなみに男性よりも女性のほうが顔(イケメンかどうか)で判断する割合は、低くなっています。

女性の意見として、

  • 「別に高望みをしているわけではなく、最低ラインに達していれば良い」
  • 「自分の好みに該当すれば世間的にイケメンじゃなくても大丈夫!」

といった声もあるので、自信がなくてもそこまで引け目に感じる必要はないでしょう。

スタイル

次に目がいくのがスタイル。

全体のシルエットが素敵な男性のほうが当然人気があります。

ただ、これもそこまで意識する必要はないでしょう。

エキサイト婚活のアンケート調査では、「スタイルやルックスを意識するか?」というアンケートに「意識する」と答えた女性は、わずか11%しかいません。

一方、男性は20.3%。

「男性は女性のスタイルを意識するけど、女性は男性のスタイルをそこまで意識していない」ということがわかります。そのため、極端に太っていたり、ハゲていたり、身長が低いという以外ではそこまでマイナスに響くことはないでしょう。

服装や身だしなみ

男女の差が最も表れるのが、服装や身だしなみです。女性は25.3%の人が気になると回答しています。

服装が派手だったり、地味だったり、あるいはヨレヨレだったりなど。清潔感がなく、悪趣味な服装だと女性から敬遠されることがわかります。

無難な服装はスーツに白いシャツ、シンプルなボーダーやチェックのシャツです。最近の傾向として、細身のスーツのほうがスタイルが良く見えて人気があります。

ダボダボしたパンツで行くと、シルエット的にかっこよくないので注意しましょう。

挨拶の仕方

見た目でそれほど際立ったものがなくても、挨拶の仕方で大きくプラスの印象に変化させることができます。

逆にかっこよくても挨拶がなっていないと、それだけで対象外と判断する女性も多いです。

挨拶する際に意識すべきことは、

  • 相手の目をみて話す
  • お辞儀をする
  • 敬語で話す
  • 謙虚に受け答えする

上記の点を意識することが大切です。

敬語は相手の年齢問わず使うようにしましょう。

相手に対しての敬いの姿勢があるかどうかが大切なので、年齢は関係ありません。

そして、わからないことや聞いたことがない質問でも適当にあしらってはいけません。

「ちょっとわかんないっす!」
「どうなんすかね?わからないです。」
「あまりそういうの、よく知らないんで。」

こういった受け答えをするだけでも、「育ちが悪そう」、「礼儀知らず」、「チャラい性格」といったイメージを与えてしまいます。

「すいません、ちょっと勉強不足で……」

などと低姿勢な受け答えがベストです。

ここまでの第1印象で、「7割以上が決まる」と言っても良いでしょう。

年齢

第1印象で自分の好みに該当すれば、その次はプロフィールの部分で判断していくケースが多いです。

その1つが、年齢。

見た目で若そうなどと印象がよければ、多少年齢差が開いていても気にしない女性が多いです。ただ、それでも15歳差以上になってくると、やや躊躇してしまう女性がいるのも事実です。

経済的要素

どんな職業に就いていて、どれぐらいの年収かも気になるもの。第1印象が良くても将来的に安心できる材料がなければ、辞めようかなと考える女性も多いです。

医者や弁護士、公務員など世間的に評価の高い職業ならもちろん良いですが、それ以外に普通に会社員として働いていて、年相応にあった年収であれば良いと考える女性も多いです。

30代前半なら400万円から450万円、30代後半なら450万円から500万円程度が目安です。

家柄

家柄も女性が気にする要素の1つ。家業を行っているのか、宗教に入っているのか、身体的障害を持った家族がいるのかなど。

個人との付き合いだけでなく、家族との付き合いに発展する可能性もあるので家柄を気にする女性もいます。

ただ、「長男だから」とか、「家がお寺だから」などの理由で断る女性は少ないのでそこまで気にする必要はないでしょう。

まとめ

以上、女性が男性を見極める時の優先順位について紹介しました。上記紹介した部分を意識して、婚活パーティーに参加しましょう。

特に表情や挨拶、服装は自分ですぐにでも改善できるもの。自分の意識次第で良い結果を得ることが出来るはずです。

初デートはお店選びも肝心!絶対に失敗しない4つのポイントで女心をゲットせよ!

デートの約束をしたのなら大切なのがお店選びです。初デートの場合、彼女がどんなお店を好むのか、どんな場所で会いたいのかなど、よくわからずに全て丸投げしてしまいたい気持ちになってしまうかもしれません。しかしながら、ここで女性に丸投げしてしまっては、彼女のテンションも大幅ダウン。デートの約束自体が消滅してしまう恐れがあります。女性が行きたいお店を提案してこない限りは、必ずデート場所は男性が決めて予約を事前にしておくようにしましょう。女性に喜ばれるデートのお店選びに必要な4つのポイントをご紹介します。

ポイントその1:女性が行きやすい場所をデート場所に指定すべし

まず、最初に決めるべきことはデートをするエリア決めです。あなたにオススメのお店があるからといって、彼女の家からも職場からも離れた場所を初デート場所に指定してしてしまえば「行くのが面倒臭い」と、女性が感じてしまう恐れがあります。平日の仕事終わりにデートをするのなら、彼女が仕事終わりに立ち寄りやすく、尚且つ家に帰りやすい駅をデート場所に設定するようにしましょう。これをするだけでも、「気がきく男性」と、女性の中の評価は格段にアップします。

ポイントその2:女性の好みを事前にリサーチ

彼女が好きな食べ物や、嫌いな食べ物を聞いてからお店を予約するようにしましょう。「なんでも大丈夫」と言われたのなら、無難にイタリアンや和食を選んでおけば失敗することもないでしょう。なるべく、匂いの強い料理を出すお店や、癖のあるジャンルは選ばないようにしてください。

ポイントその3:できれば個室か半個室をセレクト

初デートは会話がギクシャクしてしまったりして、お互い緊張をしてしまいがちです。隣の席が近ければ、「会話を聞かれたら恥ずかしい」と、さらに意識してしまうことだってあるかもしれません。その点、個室や半個室なら、二人の会話を誰かに聞かれることもなく、お互いのペースで徐々に距離を縮めていくことができるでしょう。親密度を増したいと思うのなら、隣同士になれるカップルシートのあるお店をチョイスすれば彼女へ自然に近づくこともできます。

ポイントその4:座敷と明るいお店はNG

座敷でのデートは初デートには向きません。女性の場合、ブーツやブーティなど、着脱のしづらい靴を履いていることもあり、仕事終わりともなると匂いも気になりなるべく靴は履いたままいたいと思っています。また、店内が明るいお店では、化粧のノリやアラが気になってしまって会話に集中することができません。テーブル席で間接照明のあるお店こそが、女性的にとって最高のチョイスになるでしょう。