目指せ聞き上手!女性主体の会話を身につければ嫌になるくらいモテる!

女性にモテたければ、まず心がけてほしいことがあります。それは話を聞くスキルを習得することです。

世の中の男性の大半は、自分の話ばかりをしようとしてしまいます。もしそれが面白ければ、モテることだってあるでしょう。しかし、それも一過性の出来事にすぎません。女性が潜在的にずっと思い続けていることがあります。ズバリそれは「私の話をしっかり聞いてほしいという願望」なのです。確かに男は女性をリードできた方がいいでしょう。しかし、それは自分中心で強引に話すこととはまるで異なります。相手の立場を考えられて、配慮できる人こそが『大人の男性』であると言えるのです。しかし一口に会話を聞くと言っても、やり方がわかりませんよね? なんでもかんでもうなずいておけばいいのかと言えば決してそんなことはないのです。それでは具体的にその方法を見ていきましょう。

「否定する」という発想をなくす

女性が会話をしていて最もむっとするのは、話の腰を折られたときです。

これから本題に入ろうとしているときに「それはさておき俺の意見なんだけど」とか「そもそも今、君の言ったことってここが矛盾していて」みたいなことを言われると誰だって気分が良くありません。

一時期、女子の間流行ってタレントの名前の由来にもなった「てゆうか」という言葉。あれもいけません。こういう否定語入りが口癖になっている人は、即刻やめましょう。こういった癖は案外、無意識にやってしまっているものです。逆に「うん。それで?」「すごいね!次にどうなったの?」と話している人間のテンションを上げる返し言葉を頻繁に使うべきです。「否定から肯定への移行こそがモテ道を極めるには重要である」と心得ておきましょう。

さんまもタモリも実は聞き上手

BIG3の出ている番組をじっくり見るとわかるのですが、売れているお笑い芸人ほど実は聞き上手です。

タモリさんは、テレホンショッキングにどんなゲストが来ようと上手に話を引き出していました。四六時中しゃべり続けているイメージのある明石家さんまさんだって、実は人の話をしっかり聞いています。リアクションをとれているというのは、話を聞いている証拠なのです。

彼らに共通しているところは、さりげなく話の整理をしてあげているということです。時々、女性が会話をしていて自分でも「あれ、何話してるんだっけ?」と迷子に陥ることがあります。そういうときに「ここってどういうことなの?」といったように、タイミングの良い質問を入れてあげれば、相手は安心して話を続けることができます。

いくら「聞き上手に徹するべし!」と言っても、こちらが全く話さないというのは違います。割合で言うと7割から8割は相手に話させて、たまに自分の話をしたり疑問を投げかけたりするといいでしょう。「会話の主導権を裏で握っているいるのは自分である」と思っておいていいのです。

女性が何でも話したくなる雰囲気作りと、会話の流れに注意することが聞き上手になるコツです。話を聞くのが上手くなれば、どんな相手だろうと長時間話すことができるようになります。つまりそれができればできるほど、共有できる時間が増えるわけです。心地よいひと時を提供してくれる人を好きになってしまうのは時間の問題でしょう。「あの人と会っているすごく心地いいし落ち着く。また会いたいな~」と思わせれば勝ちです。

聞き上手は訓練次第で誰でもなれますので、ここに書いてることに気をつけて早速、実践してみてくださいね。

出会ったばかりの相手との距離を縮めるメール術

出会ってすぐ、もしくはこれからアプローチを開始しようと考えている場合、どんなメールを送ったらよいものか、頭を抱えていませんか?

確かに出会いも最初が肝心です。最初の展開次第によって二人の関係は大きく変わってくるでしょう。そんな出会ったばかりの時点で、どのような点に気をつけて相手にメールを送ればよいのでしょうか。出会ったばかりの相手との距離を縮めるメール術を指南します。

絵文字・顔文字・スタンプは使ってもOK?

メールをしていると、迷うのが絵文字を使ってもいいものかどうかという点ではないでしょうか。確かに、絵文字や顔文字はフランクな印象を与え、相手との距離を縮める効果があります。絵文字・顔文字は使いようによってはとても効果的であると言えるでしょう。

しかし、最初からあまりに多用すると「軽薄そう」「頭悪そう」という印象を相手に与えてしまいます。絵文字・顔文字・スタンプは出会ったばかりの段階では抑えめに、一回の送信で1、2個程度にとどめ、実際の距離感が縮まったと感じられるようになってから少しずつ増やしていくのがベターです。

メールの返信は3時間以内に

メールを送り、相手から届いた場合、どのくらいのタイミングで返信していますか?「多少時間を置いて焦らしたほうがいい」という意見もありますし、「即返信」という意見もあります。しかし、仕事中の時もあるでしょうし、取り込み中のこともあるでしょう。「いついかなるといも即レス」というのは少々厳しいかもしれません。仕事をしている時間のはずなのにいつでもレスが返ってきたら、逆に「この人ちゃんと働いているのか」と不安にさせてしまうかもしれません。

一方、あまり時間を置きすぎると「自分に興味がない」、もしくは「軽く扱っている」と考えられてしまいます。大人の余裕を見せつつ、相手への好意も伝えられる範囲というのは3時間以内の返信になります。

返信率をアップさせる「?」のチカラ

出会って間もない頃、最も怖いのは相手から返信がこなくなることではないでしょうか?相手から返信をもらう方法はとても簡潔です。それはメールの最後に「?」をつけること。つまり、メールの最後の一文は質問で終わらすということです。

質問を送ると、その内容に対して答えなくては、という心理が働きます。質問を投げかけて、答える。また質問が来て、答える、という会話のキャッチボールが成り立つのです。
会話のキャッチボールはコミュニケーションの基本です。何度も繰り返すうちに親密度は確実にアップします。

感情を伝えやすい擬音語

たとえメールだとしても、感情は相手にしっかりと伝えることが大切です。感情が伝わることで人間性が見えてくるからです。感情を伝えやすいツールと言えば、そう、顔文字や絵文字、スタンプですよね。しかし、前の見出しで顔文字やスタンプなどは控えた方が良いと伝えました。するとここに矛盾が発生してしまいます。

顔文字や絵文字、スタンプを使わなくても感情を伝えるテクニックがあります。それは驚いた時の「えぇっ!?」「うわー!!」や、緊張している時の「ドキドキ」など擬音語や感嘆詞を使うことです。これらを活用することで躍動感のある、読んでいて気持ちが伝わるメールになります。

改行して読みやすく!

メールを見てもらうためには、読みやすさがとても大切です。想像してみてください。ぎっしりと文字の詰まった長文が送られてきたとしたら、読む気が失せてしまうのではないでしょうか。
ある程度読みやすい分量で改行を加え、読むのにストレスがないように工夫しましょう。

メールの特徴は早いこと、短いことです。長文を一生懸命に作って送るくらいだったら、短い文章を何度も送る方が向いています。短文とはいえ、改行を意識するともっと見やすい文章になり、相手もあなたと会話をすることを楽しむことができるようになります。