理想のパートナーを選ぶ際に注意したい落とし穴

今、パートナーと出会う方法は、学校、職場、インターネット、合コン、飲み会、バー、路上ナンパなど多岐にわたっています。世界人口60億人の中から自分の理想のパートナーと出会うことを思うと、とても難しそうなことだと感じてしまうかもしれません。しかし、みんな世界中から自分にとってのパートナーを選び出して結ばれています。

しかし、パートナー選びは慎重に行わないと思わぬ落とし穴に引っかかることがあります。

恋愛は脳を麻痺させる

たいていの場合、出会ってからお互いのことをそれほど知らない状態で付き合うことになります。しかも、最初は互いに自分の悪いところは極力隠していいところばかり見せようとするので、相手の本当の姿を知るまでには多少時間がかかるのです。理想のパートナーを求める場合、一時的な感情や衝動ではなく、冷静に慎重に決める必要があります。ところが恋愛期間中は、脳内ホルモンのせいで、冷静な判断ができなくなってしまっています。恋愛中はホルモンという落とし穴に落ちないように要注意です。

チェックしておきたい価値観とは

理想のパートナーかどうか判断するための材料となるのが価値観が合っているかどうかという点です。これが合わないとケンカや離婚の原因になります。価値観が合わないと一緒にいるのは非常に苦しいものになってしまいます。以下のような価値観をしっかりとチェックしましょう。

  • 子育て、しつけの方法
    ⇒家族増やすにあたっては欠かせない価値観です。
  • 家事分担の考え方
    ⇒分担に差があったり不満があると、離婚に発展しやすくなります。
  • 家計、経済観念
    ⇒お金に関する価値観は超重要項目です。
  • 清潔観念
    ⇒ここの価値観が合わないと、一緒にいてストレスになります。
  • 社会と家族との関わり
    ⇒仕事や家庭に対する考え方です。
  • 宗教
    ⇒宗教が違うとできること、できないことが明確化されます。

相手を変えようとすることは難しい

恋愛中に陥りがちな考え方の一つに相手を変えようとすることが挙げられます。「今はダメでも、私が変えてあげる」「俺色に染めてやる」などです。大人になると、自分を変えることすら大変なことなのに、ましてや他人を変えるなんて難しいにもほどがあります。相手に対しては、そのままを受け入れるだけの度量と覚悟が必要です。そして、うまくいかない部分に関しては自分自身が努力するという考え方を持ちましょう。自分の思い通りにコントロールしようとすると失敗します。

理想のパートナーを見つけ出す5−4−3−1の法則

落とし穴にはまることなく、理想のパートナーを見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。セールスの世界には5−4−3−1の法則というものがあります。5軒訪問したら、4軒が会ってくれ、3軒は話を聞いてくれる。そして実際に購入につながるのは1軒という法則です。パートナーとの出会いも運命の出会いを待っているだけでは何も起こりません。

恋愛と結婚の条件の違い

恋愛と結婚は違う」と言います。

確かに恋愛相手に求めることと、結婚を意識する人に求めることとにギャップがあります。この意識の差は年齢を重ねることでより顕著に表れてきます。20代前半ではまだ結婚を意識している人は少ないでしょうし、30代になると結婚を意識している人が増えてくるでしょう。男女でも意識の差は明確です。女性の方が男性よりも結婚について意識する年齢が早い傾向にあります。

女性が求める条件

女性が相手に求める条件のトップ3は、1位「優しい」2位「誠実」3位「包容力がある」の3つです。優しいはさておき、「誠実」と「包容力」についてはいまいちピンときませんよね。女性が言う誠実さとは、「浮気をしないこと」で、包容力とは嫉妬深くないことなんだとか。束縛しないことが条件に含まれているってことですね。

ところが、結婚を意識し始める20代後半になると、このランキングが変わってきます。1位に誠実、2位に包容力と変わるわけです。20代後半の女性はリアリストです。20代前半のときの包容力とは意味が変わってきます。包容力とはつまり「お金」です。経済力と言い換えても良いでしょう。ある程度経済力のある相手を求めていることになります。

30代を過ぎると、また変化がみられます。「包容力(経済力)」はランクが下がってくるのです。キャリアを積んだお姉さまがたにとって、お金は自分で稼ぐもの。男に頼るものではないようです。それよりも優しさを重視する傾向にあります。

男性が求める条件

女性と違って男性は相手に求める条件が年齢によってそれほど変化しません。しかし付き合う相手か結婚相手かによって180度変わってくるのが特徴です。

まず、付き合う相手の場合、見た目が第一です。キレイで、かわいくて、おしゃれな子と付き合いたいと男性は考えます。付き合う相手は一種のステータスであり、アクセサリーなのです。そのため、多少性格はきつくても美人の方が人気があります。

結婚相手として考える場合、見た目の条件が一気に緩和されます。性格が悪い美人と、性格が良いブスだったら、後者を選ぶ人が増えます。結婚は一緒に暮らすことですので、表面的なものだけでは無理ということなのでしょう。

結婚に向けての戦略的告白のススメ

「好きです」という告白はドラマや映画でもクライマックスに起こるイメージがあります。そして、返事は「イエス」か「ノー」という単純明快なもの。そこでノーと言われてしまえば、それこそ世界の終わりのような雰囲気になるのです。

告白は一か八か、成功するのかしないのか、ドキドキしながら答えを待つという従来のイメージは捨てましょう。告白をするからには戦略的に準備し、成功率が少しでも上がるように努力すべきです。

男女の本能的な差

男性は瞬発的に恋をしがちです。

いっぽうで、女性が一目惚れするというのは非常にレアなケースです。というのも、本能が大きく関係しているからです。男性は子孫を多く残すため、多くの女性と関係を持とうとします。その一方で、女性は子どもを産める人数が限られていますから、慎重に男性を選ぼうとします。そのため、恋愛に至るまで男女間に差が発生するのです。

種を播く告白

男性が「好きだ!付き合いたい!」と思っていても女性は全くそんな気がなかったりします。そこで告白をラストシーンにとっておくのではなく、オープニングにいきなりやってしまうのです。自分に対して何の感情も持っていない相手はまっさらな畑のようなものです。何もしていない畑からいきなり作物が取れるはずもありませんよね。まずは種播きが必要なのです。

このとき播く種は恋の種です。なんとも思っていなかった相手を意識させるために告白をするのです。「好きだ」と言われて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。迷惑だったとしても、嬉しい感情は必ずあります。告白したことによって、これまでなんとも思っていなかった相手のことを急に意識しだしたりするのです。意識させることができたら第一段階は完了です。「ごめんなさい」と言われようが「友達としか思っていなかった」と言われようが想定の範囲内です。

心を揺さぶる告白

彼女の心に種を植えた後は、芽を育てる作業をしなくてはいけません。告白の後は一旦距離を置いても良いですが、あくまで次の展開の準備をする一時的なもの。その後も彼女とは連絡を取り、さりげなく好意を伝え続けます。この間は、彼女の自分に対する気持ちを育てることに専念します。育ったな、と思った頃合いを見計らって、再度告白をします。そうすることで、1回目よりも良い返事をもらえる可能性が高くなるのです。

「付き合う」がゴールじゃない!

一般的に男性は、「付き合う」という目的が達成されてしまうと、情熱が冷めてしまい、急に冷たい態度に出てしまいます。一方女性は、付き合うことからスタートで、そこからだんだんと気持ちが盛り上がっていくのです。そのため、「釣った魚にエサをやらない」などと揶揄されることがあります。

男女関係は付き合うことがゴールではありません。そこがスタートです。告白して付き合うところから二人の関係が始まるのです。それを覚えておかないと、付き合って早々に振られてしまうなんてことになりかねませんよ。