意外な方法で女性と出会えるテクニック3選

出会い系やナンパをいくらやっても上手くいかない…。そんなあなたは方法の幅を広げてみませんか。ちょっとしたコツを掴めば出会いはそこらに転がっています。今回はそんな方法を3つ厳選してのご紹介をします。

テクニックその1:「ゲーセンで一人で遊んでいる女性に話しかけてみよう」

はっきり言って、友人が多くてスイーツの名店や旅行に出かける女性はゲーセンで一人遊びをしません。そんな情報がもれたらそのグループ内での「リア充度」が下がってしまうからです。つまり、ゲーセンで一人遊びをするからには、交友関係が狭い、あるいは殆ど無い可能性が高いと言えるのです。同じゲームの内容で話かけるのも良いですが、話しかけるきっかけが難しいもの。そんなときは、同じゲームを素人っぽくやって「質問」するスタイルで距離を縮めましょう。また、トイレの位置や特定のゲームの場所を聞いたりするのも相手に印象を与えるチャンスです。注目すべき点は、「相手も交友関係が狭い」という事実です。言い換えれば、それだけナンパの成功確率が高まるのです。

テクニックその2:「フィットネスクラブなどに参加してみよう」

極端な話をしてしまえば、真面目そうな格好をして、女性が多そうなグループに参加してしまう方法です。フィットネスクラブは、もちろん地域にもよりますが、女性比率が高いところがありますので非常に有利です。逆のパターンで例えると、工業高校の女性ってレベル低くてもモテましたよね。あの男性パターンを狙うのです。同じようなテクを使えるグループは、街主催のサークルや、資格試験のスクールでも言えます。コツとしては、ある程度長めに所属することです。短期的に安易なナンパを繰り返すとその地域で有名になってしまい、女性達から嫌厭されてしまうのです。掲示板やラインの通信網が女性の方が発達していますから(笑)

テクニックその3:「マナーの良い行動を取ってみる」

そんなんで出来る訳ないだろと思ったあなた、私は事実3回成功していますよ。マナーって意外と守れていないものなのです。例えば、コンビニで二つの列があるとします。先に女性が別の列に並んでいました。自分の列が先に空いたならば「お先に並んでいたようなので、どうぞ」と言ってみましょう。やり易さで言うと電車で席を譲るのも効果的です。コンビニの彼女は合計3回振り向きお礼を言いました。これはいけるなと確信に至ったのです。まとめると「優しくされて喜ばない女性はいない」というポイントをついたテクニックだと言えます。
いかがでしょうか、通常とは少し趣向が変わったテクニックを使って、出会いの・ナンパの作戦の「幅」を広げてチャンスを高めてみるのも予想以上の効果があるものですよ。

気に入った女性を振り向かせて気を引く簡単なテクニック

本日は、気に入った女性を振り向かせて気を引く簡単なテクニックを紹介します。

初めて話す時は自分を押し付けるのではなく、聞き手にまわる事

初めて女性と話をする時、たいていお互いの自己紹介から入ります。そこで自分の紹介はほどほどにし、相手女性からたくさんの話を聞きだし、じっくり聞くことに徹する。女性は自分の話を親身になって聞いてくれる男性に心を開きます。自分の主張ばかりになると相手は一線を置くケースが多くあるのです。

聞き上手の中にも自分に興味を持ってもらうようジャブを入れる

女性の話をすっと聞いていては、この人はつまらない人、と思われがちになります。そこで、女性の話を聞きながら、自分に共通する話題や、多少の知識がある話題があれば、女性の「特になる内容」を話し、知性度を持ってもらう。女性は自分の事を押さえつける男性はあまり好まないが、自分にプラスになる相手は受け入れる傾向があります。そこを男性は話の中で考えることで、女性との距離を縮めることができます。
初めて会った女性に対して、これらの行動を意識しながら話をすることで、少なからず最初から拒否される事はなくなるでしょう。