LINE交換を拒否する女性に注意してください。

婚活サイトや婚活パーティーで必ず通らなければいけないのがLINE交換。

LINE交換は、「捨てアドを教えておけばよい」という対策ができないため、本当に継続的に連絡を取り合おうと思う人でなければ教えてくれないケースが多いです。

ここではLINE交換したくない女性の本音を感じ取ることができる行動パターンについて紹介しましょう。

女性もやっぱり男性の機嫌を損ねてはいけないという気持ちがありますから、直接的な表現はまずしません。

  • 「あなたとはLINE交換したくない」
  • 「友達になりたいとは思えないので交換できない」
  • 「LINEをやっていないから教えられない」

こんな直接的な表現や、すぐに嘘とわかるような表現をしてくる事はまずないでしょう。

ただ、遠回しな言い方をしたところで「LINE交換したくない」というのは紛れもない本音。

その遠回しな言い方をいくつかピックアップしてみました。

「まだ知り合ったばかりだし、もう少し時間が経ってから」

男性としては、気に入った女性に対して出会って早いタイミングでLINE交換したいのが本音。しかし、そういった気持ちとは裏腹になかなか教えてくれない女性もいます。

「早い段階で教えたら軽い女と思われる」と考え、あえて教えてくれない女性もいますし、あるいは本当に教えたくないから断っているケースもあります。

「もう少し時間が経ってから」という曖昧な表現は危険です。こういった女性は1週間や2週間経ったからといって教える気もないです。

断る良い口実と思って口にしているだけなので、あなたに対して好印象を持っていない可能性が濃厚です。

「こんな早いタイミングでいきなり聞くなんてデリカシーがない」、「どれだけ日にちが経っても教える気はない」という可能性が高いです。

こういった女性はあなたに心を開いていません。

「スマホの調子が悪くて……」

これは王道な言い訳の一つで、

「スマホの調子が悪い」
「今スマホを修理に出している」

などと言ってLINE交換を断るケースがあります。仮に本当にスマホの調子が悪かったとしても、良い人なら教えればいいだけの話。

そういった口実で断る人は脈なしです。その後しつこく、「直って調子が良くなった時にでも連絡とりあおうよ」と言っても無駄なのでやめましょう。

ちなみに似たような理由で、

「LINEとかあまりやらないからよくわからない」
「LINEの設定の仕方とかちょっと疎くて……」

などのようにメカ音痴ぶりをあえて伝えてくるのも同じ理由です。脈なしなのでもう縁を切りましょう。

「知り合いと家族にしか教えていない」

LINE交換を申し出た時に、

「すいません、LINEは身内としかやっていないんですよ。メールアドレスでもいいですか?」などと聞いてきたら、かなりの確率で拒否られています。

そのメールアドレスも完全に捨てアド。あなたと継続的にやり取りする意思がないものとみなした方が良いでしょう。

確かに不特定多数の人にLINE IDを教えたくないという人もいます。しかしある程度、仲が良くなってくればほとんどの人が教え合おうと思うはずです。

この言い訳もあなたを断る口実の可能性が高いです。

「私めんどくさがりだから……」

「うーん、私LINE交換しても全然やらないんだよね。必要なことしかあんまり言わないタイプなので……。私はめんどくさがりだから。」

このように予防線を張るような言い方で、やり取りするのが面倒くさいと伝えてくるケースがあります。

LINEの場合、未読・既読の表示があるので相手が読んでいるかどうか分かります。そういった状況が嫌いな人も確かにいますが、気の合う人同士であれば教え合うのが一般的。

これも結局はあなたとやり取りするつもりはないという意味なので、諦めた方が良いでしょう。

似たようなニュアンスでは、

「仕事で忙しいからLINEはあんまり見れないかも。」
「あんまり普段からスマホを見ないタイプなので、連絡くれても見落としがあるかもしれません。」

このようにやり取りを暗に拒否している言い方もあります。

「男の人に教えるのは抵抗がちょっとあって……」

「私は男性恐怖症のところがあって、あんまりすぐに仲良くなれるタイプではないんですよ。なのでLINE交換とかで男の人にすぐ教えるのは抵抗があって……」

このように異性コンプレックスがあるというようなニュアンスて断ってくるケースもあります。

ただ、これも鵜呑みにする必要はないでしょう。本当に嫌だったら出会い系サイトを利用したり、婚活パーティーなどの場に参加するわけがないですからね。

これも断る口実の一つ。もしそういった言い方をしてきたら、諦めましょう。

どうしても諦めたくなかったらLINE IDを教える程度にとどめ、聞き出すのは控えましょう。

相手からの連絡を待つというスタイルですが、なかなかこういった言い訳をする女性は、相手から連絡をしてくることはないです。

いい人で終わらない! 婚活メール必勝法

婚活サイトのメールで交流を深め、実際に会う約束を取り付けたい。

その際、つい多くの人がやってしまう失敗が、万人受けするいい人を演じてしまうこと。

いい人キャラの男性は、所詮いい人止まり。なかなか特別な関係に発展しません。

狙った女性を落とせる男は、決して八方美人ではないのです。

婚活メール必勝法をお送りします。

オウム返しはNG。攻める姿勢を忘れない

決してハイスペックでなくても、ライバルを引き離し、女性を惹き付ける方法。アグレッシブかつ巧みなメールで、相手を自分のペース引き込こんでしまいましょう。

万人に好かれる必要はありません。失敗しないことばかりを気にしていると、オウム返しのつまらないメールになってしまいます。

婚活サイトに登録している女性は、どちらかというと恋愛に奥手なタイプが多いはず。自分から話題を発信して、関係を深めていく役割は、男性側に担当して欲しいと願っています。

自分を素直に表現し、好意ははっきりと伝え、時には女性をリードしてあげられるくらい大胆な方が良いのです。

女性の心の刺さる、こなれたお誘いメール術

婚活を成功へ導く、お誘いメールのポイントを3つご説明します。

1.遠慮せず切り込め

よほど非常識な内容でない限り、気になることは言ったり聞いたりしても大丈夫。どう思われるかビクビクしながら考えた文面のメールは、まるで生気がありません。相手に対する興味・好感が十分伝わるような、人間味溢れたメールの方が心に刺さるはずです。

2.語尾で逃げない

拒絶されるのを恐れて、「~だと嬉しいかも」みたいな語尾で逃げないでください。自分では頑張って誘ったつもりが、逆に男らしくない印象を与えてしまいます。

一流のプロ野球選手だって、打率は4割にも及びません。当たればラッキーくらいの気持ちでポジティブに攻め続ける者が、最終的に勝利を掴みます。

3.誘いは先の手まで読め

恋愛に奥手な女性は、誘いの返事につい慎重になってしまうことも。相手が返信しやすいよう考慮したお誘いメールを送りましょう。

できれば「〇か△か」「来週か来月か」など、即OKをもらえなくても可能性を残せる聞き方を。断りにくい相手への配慮も兼ね備えた、こなれた大人の誘い方です。

スペックも平凡、メールも退屈…では、誰のオンリーワンにもなれませんよね。一対一のメールからは積極的に攻めることが、婚活成功の秘訣です。

女性が思わず「ゲゲっ」と感じてしまう初デートでの男性のNG行動8選

せっかく初デートにこぎつけたのに、そのデートで失敗してしまったら二度目のデートのチャンスはありません。では、女性が男性との初デートでさりげなくチェックしているNGポイントとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。これを読んで、一つでも思い当たる節があるのなら要注意! いますぐ改善するようにしましょう。

待ち合わせに遅刻してくる

初デートにもかかわらず、女性を待たせてしまうようではいけません。もちろん、仕事などの都合でどうしても時間に間に合わないこともあるでしょう。そんな時は早めに連絡をするようにして、女性にお店に入っててもらうなどして、くれぐれも外で長時間またせるようなことはないようにしましょう。

見た目がだらしないor奇抜すぎるファッション

会った瞬間に「帰りたい」と女性が思わず感じてしまうのが、相手がだらしない服装や奇抜すぎるファッションで現れた時です。平日はスーツ姿で特に違和感を感じたことがなかったのに、週末に私服デートをしてみたらあまりにも酷いファッションセンスに度肝を抜かれたという話は女性からよく聞きます。初デートを成功させたいのなら、清潔感のある無難な服装を選ぶようにしてください。

デートに誘ったくせにお店を決められない

デートに誘ってきたのは男性なのに、「どこに行く?」「何しようか?」と、デートプランを女性に丸投げするようでは女性もガッカリしてしまいます。誘った側がある程度お店や行き先を決めておくのは一つのマナーです。あらかじめどんな場所に行きたいかをリサーチしたら、当日はきちんと男らしくエスコートできるようにしておきましょう。週末のデートの場合、人気のお店は満席なことがほとんどです。行きたいお店が決まったのなら、事前に予約を必ずしておくことも大切です。

自分の話ばかりして女性の話を聞かない

デートの間ずっと自分の話ばかりしているようでは、女性もあなたといる時間に退屈してしまいます。特に男性の自慢話や、武勇伝は、女性にとって全く興味が持てない話であることが多く、話せば話すほど嫌悪感を持たれてしまうだけなので注意が必要です。緊張しているからといって、自分を良く見せようと喋りすぎてしまうのはNGです。できるだけ女性の話に耳を傾けるようにして、自分の話は関係が深まってからするようにしましょう。

女はこうだと決めつけたがる

自分の恋愛遍歴を過剰にアピールしたり、女性はこうだと決めつけるような行動は避けましょう。女性経験が多いことがモテることにつながると思ったら大間違いです。女性は自分のことだけを見てくれて、自分のことを大切にしてくれる男性に強く惹かれる生き物です。他の女性と比べたり、その他大勢の一人にしてくるような男性はお断りと敬遠されてしまうので、デート中は他の女性の話をすることは、たとえ一般論だとしてもするのはやめておきましょう。

お店の人に対して横柄な態度をとる

ショップの店員や、レストランで注文を取ってくれた店員に対して、やたら偉そうな態度で話をしたり、クレームをつけたりする男性も女性は嫌います。自分の方が立場が上だと思った上で傲慢な態度をとっているようにしか思えず、自らの器の小ささを露呈させているようにしか思えないのです。特に気をつけるべきなのが、オーダーをするとき「ビール」「ポテト」など、単語でしか伝えない会話です。自分ではそんなつもりはなくても、ぶっきらぼうに聞こえてしまうので、きちんと「ビールお願いします」と丁寧に頼むようにしてください。

下心丸出しのボディタッチを繰り返す

さりげないボディタッチはドキドキさせるテクニックになったとしても、女性にやたら体を密着させたり、ベタベタと体に触れながら会話をするようでは下心丸出しすぎで確実に女性に嫌われてしまうでしょう。女性をその気にさせるボディタッチとは、オーダーをするときに少しだけ顔を近づけたり、話が盛り上がっているときに軽く肩や腕に触れるくらいのさりげない行動です。「この人もしかして私に気があるのかな?」と思わせるくらいの行動にこそ女性はドキッとするのであり、「やりたいだけ」と思われる行動ではありません。

お会計をきっちり割り勘にしようとする

どんなにデートが盛り上がったとしても、最後のお会計で「じゃあ〇〇円で」と、きっちり円単位で割り勘をするようでは女性の恋の炎も一気に鎮火されてしまいます。「男性に奢ってもらおうことが当たり前だと思っている女性なんてお断り」と、思っているのかもしれませんが、最初から割り勘を言い出す男性に対して「本気度が低い」「都合よく扱える女だと思われている」と、女性が感じてしまうのも事実です。二度目のデートを期待しているのなら、ご馳走するくらいの気持ちで女性をデートに誘った方が必ずうまくいくでしょう。

いかがでしたか? 女性が思わず「この人とのデートに二度目はない」と思われるようなNG行動を無意識のうちにしてしまってはいなかったでしょうか。これらのことを意識して初デートに臨めば、劇的に女性との恋のチャンスはアップします。一度きりの男で終わってしまわないためにも、ぜひ次のデートでNG行動をしないように心がけて、がっちりと女心を掴むデートをしてください。

女性が思わずキュンとくる肉食系男子のモテテクニックとは!?

草食系男子なんて言葉が一時期流行になったくらい、最近は女性に対して奥手な男性が多いようです。確かに一部女性の中には安全で信頼できそうな草食系男子に興味を持つ人もいるかもしれませんが、多くの美女は結局のところ肉食系男子にかっさらわれてしまうのも真実です。気になる女性がいるのなら、行動を起こさなければ恋愛のチャンスをつかむことができません。女性が思わずキュンとくる肉食系男子のモテテクニックを真似して、女心をつかんでみませんか!?

初対面でも気がある態度を隠さない

モテる男性は気になる女性に対して気持ちを隠そうとしません。可愛いと感じれば「本当に可愛いよね。モテるでしょ」と口に出し、女性に褒められれば照れながらも大げさに喜びます。女性は恋愛に対して受け身なことが多いため、自分のことを相手が恋愛対象としてみていると感じて初めて相手のことを意識するようになることは少なくありません。積極的に好きアピールをすることは、実は女性との恋愛において大きな種まきになる行為だということを忘れないようにしましょう。

好きな女性の連絡先は必ず聞く

恋愛に対して積極的な肉食系男子は、気になる女性の連絡先をどんな手を使ってでも積極的にゲットします。合コンで出会った女性であれば、一次会が終わるまでに隣の席で会話を盛り上げて、いち早く連絡先を交換するでしょう。一方で「草食系男子は、女性に嫌がられるのが怖い」「迷惑だと思われたら嫌だ」と、連絡先を交換することに対しても消極的になりがちです。デートをするためには、メールや電話をして女性との仲を深めないことには始まりません。タイプの女性がいるのなら、まずは頑張って相手の連絡先を聞くことから始めてください。

多くの女性に優しくし好きな女性にはもっと優しくする

好きな女性にだけ優しかったり、美女にばかり優しくして、興味がない女性に対しての扱いがずさんな男性に対して女性の評価は低いでしょう。女性同士は横のつながりを大切にする生き物です。周りからの評判がすこぶる悪い男性は、たとえその相手が自分に対して優しかったとしても冷静に評価を下げて判断するでしょう。女性に対しては平等に優しく接し、その上で好きな女性にはもっと優しくふるまうようにしてください。

デートでは女性を自然にエスコートできる男性を目指す

せっかくデートができる関係にまで発展したのに、そのデートで失敗行動ばかりしてしまってはそれ以上に先に進むことはありません。モテる肉食系男子はデートでの女性の扱いも積極的です。女性の好みのお店をメールや電話で上手に聞き出したら、デート当日は必ずお店を予約するようにして、女性を外で待たせたり、お店が決まらずに街をさまよわせるようなことをすることはありません。オーダーもある程度女性の好みを聞いたら、相手に気を使わせないように積極的に頼みます。お会計は女性がトイレに立っている間に済ませ、最後までスマートな行動で女性を上手にエスコートすることも忘れません。女性にモテる肉食系男子は、女性にとって一緒にいて居心地が良い相手でいることができるのです。

メールや電話でマメに連絡を取る

たまにしか連絡をくれない好みのタイプの男性よりも、毎日連絡をくれて自分のことを気にかけてくれる男性に対して女性は恋心を抱きやすくなります。最初は色々な話を聞いてくれるただの男友達だったはずなのに、気がつけばなくてはならない存在に変わっていたなんて話はよく聞きます。女性は外見よりも相手の中身を知って恋に落ちることが圧倒的に多いです。外見がタイプかどうかなんて、一緒にいる時間が長ければ徐々に関係なくなっていきます。まずは女性と積極的に連絡を取り合って、相手が寂しい時や悩みを抱えている時に頼ってもらえる男性を目指しましょう。そのポジションにつくことができれば、恋に発展するチャンスも大幅にアップするはずです。

デートの前後は会える(た)ことが嬉しいというアピールを積極的にする

男性によってはデートの直前まで女性に連絡をすることなくデート当日を迎える人もいるかもしれませんが、これは女性にとってデートへのテンションを激下げする行為なので絶対にNGです。付き合う前のデートの場合、出かける直前はなんとなくナーバスになってしまう女性は多いものです。それなのにデート相手からデート直前まで連絡がこないと、その不安な気持ちがさらに強くなりデートを非常に億劫に感じてしまいます。女性をその気にさせるためには不安にさせないことが大切です。デートの前は会えることを楽しみにしていることを伝え、待ち合わせの時間や場所などは前日までにきちんとリマインドしましょう。デートが終わったら、「会えて嬉しかった。また会いたい」という気持ちをきちんと伝えれば、女性もデートに対して不安が残ることがなく、次回のデートに対しても前向きになることができるはずです。

初デートはお店選びも肝心!絶対に失敗しない4つのポイントで女心をゲットせよ!

デートの約束をしたのなら大切なのがお店選びです。初デートの場合、彼女がどんなお店を好むのか、どんな場所で会いたいのかなど、よくわからずに全て丸投げしてしまいたい気持ちになってしまうかもしれません。しかしながら、ここで女性に丸投げしてしまっては、彼女のテンションも大幅ダウン。デートの約束自体が消滅してしまう恐れがあります。女性が行きたいお店を提案してこない限りは、必ずデート場所は男性が決めて予約を事前にしておくようにしましょう。女性に喜ばれるデートのお店選びに必要な4つのポイントをご紹介します。

ポイントその1:女性が行きやすい場所をデート場所に指定すべし

まず、最初に決めるべきことはデートをするエリア決めです。あなたにオススメのお店があるからといって、彼女の家からも職場からも離れた場所を初デート場所に指定してしてしまえば「行くのが面倒臭い」と、女性が感じてしまう恐れがあります。平日の仕事終わりにデートをするのなら、彼女が仕事終わりに立ち寄りやすく、尚且つ家に帰りやすい駅をデート場所に設定するようにしましょう。これをするだけでも、「気がきく男性」と、女性の中の評価は格段にアップします。

ポイントその2:女性の好みを事前にリサーチ

彼女が好きな食べ物や、嫌いな食べ物を聞いてからお店を予約するようにしましょう。「なんでも大丈夫」と言われたのなら、無難にイタリアンや和食を選んでおけば失敗することもないでしょう。なるべく、匂いの強い料理を出すお店や、癖のあるジャンルは選ばないようにしてください。

ポイントその3:できれば個室か半個室をセレクト

初デートは会話がギクシャクしてしまったりして、お互い緊張をしてしまいがちです。隣の席が近ければ、「会話を聞かれたら恥ずかしい」と、さらに意識してしまうことだってあるかもしれません。その点、個室や半個室なら、二人の会話を誰かに聞かれることもなく、お互いのペースで徐々に距離を縮めていくことができるでしょう。親密度を増したいと思うのなら、隣同士になれるカップルシートのあるお店をチョイスすれば彼女へ自然に近づくこともできます。

ポイントその4:座敷と明るいお店はNG

座敷でのデートは初デートには向きません。女性の場合、ブーツやブーティなど、着脱のしづらい靴を履いていることもあり、仕事終わりともなると匂いも気になりなるべく靴は履いたままいたいと思っています。また、店内が明るいお店では、化粧のノリやアラが気になってしまって会話に集中することができません。テーブル席で間接照明のあるお店こそが、女性的にとって最高のチョイスになるでしょう。

出会いながら自分を磨く!異性と出会うおススメの習い事

異性との自然な出会いを求めていませんか?

引っ込み思案というほどではないけれど、なかなか良い異性と出会いきっかけがない…、そんなことで悩んでいませんか?

楽しく会話と雰囲気を楽しむだけなら出会い系でもいいかもしれませんが、やっぱり人生を共に歩むパートナーを探したいのであれば、確実な方法をとりたいというのが本音です。

しかし、友人との紹介ではうまくいかなかったときに友人と気まずいし、お見合いおばさんは断りずらい、高額なお金がかかる結婚相談所なんて言語道断だ!というのであれば、おススメしたいのは習い事や講座などの、自然な異性との出会いを狙ってみるべきでしょう。

習い事などで異性との出会いを求めるメリットと、素敵な女性との自然な出会いをゲットできるおススメ講座を5つご紹介します。

習い事で出会いを求めるメリット

習い事や講座に参加して異性との出会いを求めることのメリットは、次の7つです。

  1.  習い事をしている女性は多く、出会いの確率が高い
  2. 同じような趣味を求めて集まっているので、自分にピッタリの女性を見つけやすい
  3. わからないこと、疑問に持ったことなどで、会話のきっかけもネタも事欠かない
  4. 一定時間一緒に肩を並べて会話をすることで、親密になれる可能性が高い
  5. 習い事に熱中する振りをすれば、気のない相手と自然に距離を置ける
  6. 結婚相談所などのような高額な費用は掛からない
  7. 自分を磨くこともできて、仕事のレベルアップなども期待できる

ただし、習い事なら、なんでもかんでも良い出会いがあるというわけではありません。

良い出会いを期待しつつ、次の条件に当てはまる、自分自身が興味を持って取り組める習い事を選んでいきましょう。

  • 女性が多く参加している習い事であること
  • 男性が参加しても不審ではないこと
  • グループで講習を受けられること

素敵な女性と出会える習い事5選

男性が参加しても違和感がなく、女性に警戒感を持たせずに親密になれる、期待の習い事を5つご紹介します。

1.料理教室

最近はお料理男子も増えているので、男性でも違和感なく参加できますし、一緒に協力して料理を作ることで自然に会話が盛り上がります。

2.ゴルフスクール

男女混合のグループでゆっくりとコースを回りながら、いろいろな会話をして、健康的に女性と知り合えます。

3.フィットネスジム

始めのうちはエアロビクスやボクササイズなどのグループで知り合い、仲良くなったら一緒にペアでトレーニングをして、親交を深めることができます。

4.パソコン教室

大人数で講習を受けるので、お互いにわからないことなどを教え合って、自然に女性となかよくなれます。

5.マナー教室

テーブルマナーなどを学びながらワイワイと、にぎやかで楽しい雰囲気で異性と知り合えます。
良い異性との出会いは、残念ながら待っているだけでは得られません。万が一良い相手に出会えなくても、習い事で自分を磨いておけば次のチャンスはあります!

そんな前向きな姿勢で自分からどんどん話しかけて、習い事で素敵な出会いをゲットしてくださいね。

女性との初めての食事!好感度UPのための男性の行動ポイント5つ

初めて会うことになったら、まずは食事を一緒にという人が多いのではないでしょうか。どんなお店を選ぶか、食べる時のマナーといったことを気にする男性は多いと思いますが、それ以外にも女性はしっかりチェックしているものです。

また会いたいと思ってもらえるようにするためには、最初が肝心。食事をすることになった場合、どのように振る舞えばいいのか、女性からの好感度UPアップのポイントを紹介します。

1.さり気なくリードする

女性は、自分を大切に扱ってくれているという気持ちが感じられると、とても嬉しいものです。お店に入る時には男性がドアを開けて、女性に先に入ってもらう、女性に先に座ってもらう、店員からの問いかけには男性が対応するといったように、レディーファーストを心がけると良いですね。

2.男性が積極的に行動を

オーダーする時は、男性が店員を呼びましょう。初めて会う人の前では女性は緊張しているものです。女性に大声で店員を呼ばせるようなことのないようにしてあげてくださいね。女性が何を頼みたいのかも確認しておいて、自分のものと一緒に注文するとスマートです。また、飲み物の追加注文なども、女性が遠慮しなくてもすむよう勧めてあげるといった配慮も大切です。途中で追加オーダーする時も、男性が店員を呼んで伝えましょう。男性が積極的に行動することで、女性にこの人は頼れる男性だなと思ってもらえます。

3.携帯を気にしない

女性との食事中に携帯をチェックしたり、LINEやTwitterを気にする行動はNGです。大事な要件や、仕事絡みでのチェックや返信は仕方がないかもしれませんが、そういった時も一言添えてからにしましょう。携帯を気にされると、「自分との時間が楽しくないのかな?」「話をちゃんと聞いてくれているのかな?」と不安になりますし、落ち着いて食事も楽しめませんね。

4.楽しそうに食べる

食事中に下を向いてモクモクと食べていたり、おいしくなさそうに食べていては、女性も楽しくないですよね。嬉しそうに食べている姿は、見ていても楽しい気分になるものです。また、そういう雰囲気があると話しかけやすくもなります。二人での食事を楽しんでいるという様子を伝えましょう。

5.店員への態度も丁寧に

いくら相手の女性に対しては紳士的に振る舞っていても、店員に対して横柄な態度をとっていては、女性は幻滅してしまいます。店員への言葉遣いも丁寧にし、店を出るときにも「ごちそうさま」「おいしかったです」といった言葉があると、気持のよい人だと感じてもらうことができます。

まとめ

女性は、頼れる人、誰にでも穏やかに接することのできる人となら、安心してお付き合いしてみようかなと思うものです。楽しいおしゃべりをしながら、おいしそうに食べていれば、きっとまた会いたいと思ってもらえるでしょう。

ネット婚活でメッセージ交換から会うまでの裏技

ネット婚活でメッセージのやり取りをしていても、会って話すステップに進めないと悩む男性が多いでしょう。

実は、男性と女性では相手のメッセージに求めていることが違います。

この点を理解していないと、なかなか次に進めない状態に陥ってしまうのです。

原因となるのは、女性が「共感」を重視して人間関係を深める傾向が強いことを知らない男性が多いからです。

ネット婚活でメッセージのやり取りをしているときにも、愚痴のような内容になったときは、ほとんどの男性が面倒くさいと感じるのは当然です。

ネガティブなメッセージの中には、「共感してくれる人かどうか」と女性側からの無意識のテストが行われていると思って構いません。

しかし、仕事でも効率や合理性を求められている男性は、思いやりのつもりですぐに解決策を提示してしまいます。

その結果、女性からは「わかってくれない人」「優しさが足りない人」と思われているのが現状でしょう。

すぐに共感する言葉が見つからなくて困るようなら、相手の言葉と気持ちを受け止めている証拠として、内容を繰り返しながら、一言の感想を添えるのがテクニックです。

例えば、「仕事が大変で疲れた」というメッセージには「仕事が大変なんだね。お疲れ様」という返信内容にすると、難しい工夫をしなくても、相手は共感してくれた安心感に満足するでしょう。

非常に簡単なことなのでテクニックとも言い難いのですが、メッセージのやり取りから実際に会うステップに進むときに便利なスキルの1つになります。

女性が求める出会い系サイトでの男性像!

出会い系サイトで女性と実際に話しをした男性の多くは、「癖のある女性が多い」といいます。

しかし、それは逆に考えた時、自分も癖があるのではないかと思いませんか?

もしくはあなたの個性に女性が合せてくれているだけなのかも。そこで、出会い系における女性の求める男性像を一緒に考えてみましょう。

出会い系の女性はなぜ癖があると思われるのか

婚活サイトでは、女性が男性を選べる場所であることを認識しておきましょう。本当に男性と出会いたいと思ってる女性から、ただちやほやされたい主婦など様々ですが、共通して言えるのが選べると言うことです。

何も無理をして一緒に話に付き合う必要はなく、別に気に入らない男性は切り捨て他を探すことはいくらでも出来る訳です。そこで、どういう女性でも少し我を通しやすい環境にあるというのは理解しておくと女性の癖などにも柔軟になれるものですね。

はたして男性はその逆と言えるの?

女性の方が有利に見える婚活サイトですが、では男性が不利なのかと言えばそうではありません。向上心が強い男性は、そういう女性の心をくすぐるのがうまくなっていくものです。女性を手のひらで転がすと言ったところでしょう。そういった男性が婚活系サイトにいる女性の求める男性像なのかもしれませんよ。

同じく男性でも婚活サイトで会う女性なら少しくらいわがままを言いたいと思う為、癖のある人だと思われるケースもあります。婚活は自動販売機ではありません。自分の好みの性格、顔の女性をいのままにできる場所でもありません。

婚活系サイトとは言っても、コミュニティの場所です。妥協点を見つけるなどしていい出会いをしたいですね。女性のわがままはかわいいところもありますが、男性のわがままは見れないものです。

女性は自分のペースを乱さず会える男性がいいもの

仕事であったり、家事であったりと事情を持った女性が婚活系サイトには多く存在します。そういった女性が男性に求めることは自分の毎日のスケジュールに合った人と言うことです。(女性全員がそうとは限りませんよ。)

細かく言うと、すごく好みで会いたいけど全くスケジュールが合わない男性がいるとします。反面普通だけど、合わせようと頑張ってくれる男性もアタックして来ているとします。女性は必ず後者を選びます。
これは普通の出会いだけではなく、大人の交際でも言えることです。

普通にいる女性と出会い系にいる女性は少しだけ目指すベクトルが違います。それは出会いに焦点を定めているからです。会わないと何も始まらないですよね。男性だって同じです。自然のなりゆきで出会えればと思っている人とは全く熱量も違うと思います。

女性がどんな男性と出会いたいのかということを理解した上で、女性と会話を重ねるだけでもかなり収穫が違うと思います。出会い系サイトは駆け引きの場所です。素敵な理想像を演じることも自分の利益になるのなら頑張る価値はありますね。

こんな男は嫌われる!ネットだからこそ気をつけたい婚活のNG行動とは?

今、結婚したい女性たちはとても積極的です。

出会いを求めてたくさん男性を見ている分、目が肥えている人が増えてきて男性への目線がとてもシビアになっています。

ネットでの婚活が一般的になってきた今だからこそ、気をつけておきたい婚活のNG行動があります。

逆に言うと、これをしてしまうとネット婚活がうまくいかない、女性にモテない原因にもなります。

「そこまで厳しい目で見られるのならこちらからお断りだ!」「上から目線の女は嫌だ!」と怒るのは簡単ですが、単にいくつかのポイントに気をつけるだけでそれらの女性にも好かれるんだと考えてみてください。

実際、これらのポイントはとても簡単なものです。

NG行動を避けるだけでいいなら、実行しないと損だと思いませんか?

NG行動1…すぐに会いたがる

ネット婚活は、メッセージのやりとりから始まるケースがほとんどだと思います。

こういったやり取りの時間、けっこう面倒くさいと感じてしまう男性が多いようです。

実際に会ってみないと何も分からない、会ってみないと付き合うかどうかを決められない、という意見はもっともですが、あまりに会うことを急ぎ過ぎると女性は警戒して引いてしまいます。

そもそも女性が真面目に婚活をしているのであれば、会う機会は必ず早いうちにやってきます。

「会ってみないと分からない」と思っているのは、女性も同じです。

だからこそメッセージのやり取りの数回目で会う話を匂わせたりしない方が、女性の意志を尊重する雰囲気を出せるので好感を持ってもらえます。

まずはやり取りを楽しむ余裕を持って、相手の情報収集に努めましょう。

そして女性側から「会いたい」と言ってきたなら、快諾しましょう。女性側から申し込んだという事実があれば、デートの時に主導権を握ることも簡単です。

NG行動2…会話のキャッチボールが成り立たない

女性は、会話のキャッチボールを好みます。

もし女性が日常の他愛もない話をメッセージで送ってきた時に、その話題を無視して自分の話したいことを送ると、女性はガッカリしてしまいます。

女性が振った話には、基本的に必ず何かコメントを返すようにしてください。

まずは「そうなんだ」「よかったね」など、当たり障りない返しできちんとその話題にも触れてあげましょう。

その一言だけで、女性はキャッチボールができたと思ってあなたに好感を抱きます。

そうすれば、その後に男性側から振った話題に対して「私もきちんと答えなきゃ」という気持ちになります。

また実際に答えることで、またキャッチボールが成立した気分を味わいます。

これを続けていれば女性側は「この人とのメッセージはすごく盛り上がる。実際に会ってみたい」と思い始めるでしょう。

ネット婚活だからこそ、メッセージのやり取りには気をつけてみてください。