付き合ってはいけない女性の「3B」

一昔前に「付き合ってはいけない男性の職業3B」というのがネットで話題になりました。諸説ありますが、「美容師・バーテンダー・バンドマン」が一番多く見かけた意見でしたね。

それぞれモテる職業だけに、女性問題で苦労しそう、または苦労したという意見から選ばれたのだと思います。

しかし、最近では男性側の選択肢も注目されていて、「付き合ってはいけない女性3B」というものも出回っているようです。

ビッチ

まず一つ目は『ビッチ』。いわずもがな、肉体関係にルーズな女性のことです。

ビッチと聞くと、「派手で化粧が濃い」とか「水商売をしていそう」と思われがちですが、大人しそうで清楚な女性の方が性的に奔放なケースも少なくありません。

結婚後に不倫に走るのも、一見地味で良い妻・良い母親だと周囲に認識されているような女性が案外多いのだそうです。

本気で結婚したいと思い婚活サイトを利用しているのであれば、こういった「ビッチ」には気をつけなければなりません。

男性関係が派手というだけでなく、ストーカーや性病といったトラブルに巻き込まれる可能性が怖いですよね。

妙に男性の扱いが上手かったり、初めてのデートで体の関係を求めてくるような女性には念のため警戒したほうが良いでしょう。

ぶりっ子

そして二つ目は『ぶりっ子』。

可愛い子ぶっているだけならマシですが、二面性がある場合は結婚に不向きかもしれません。

健全な男性であれば、可愛い女性に甘えられたら嬉しいものですよね。

そのままついつい財布の紐も緩んでしまうことでしょう。

結婚したいという焦りも相まって、女性から言われるがままにブランド品や海外旅行に散在してしまった…という話を何度も聞いたことがあります。

もちろん結婚出来れば良いですが、こういった女性は散々貢がせたら音信不通になることが多いようです。

本気で婚活をしている女性であれば、必要以上に男性へ金品の要求はしないものです。(お金持ちの男性なら別ですが)

バンギャ

最後の3Bは『バンギャ』です。

バンギャとは、主にヴィジュアル系バンドの追っかけをしている女性に対して使われています。

特徴としては、

  • 推し(好きなバンドマン)のためならお金も時間も惜しまない
  • 彼氏との約束よりもツアーの遠征が大事
  • 狙いギャになるとビッチの可能性が高い

と、こんな感じです。どう考えても結婚に向いているとは思えませんね。

バンギャ活動に理解がある男性でなければ、精神的にも経済的にもついていけない部分が多いでしょう。

  • プロフィール記載の趣味が「音楽鑑賞やライブを観に行くこと」だったら好きなバンドを必ずチェックしておく
  • デートの約束がなかなか決まらない(遠征を優先している)
  • ゴツめのシルバーアクセサリーを身に着けている(アーティストプロデュースのアクセサリーに散在している)
  • 男性用の香水をつけている(推しが使っている香水を調べて購入している)

こういったポイントがいくつか当てはまった場合は、結婚を具体的に考える前にお互いの価値観や優先順位についてよく話し合っておいた方が良いでしょう。