女はなぜ男にイライラしやすいの?原因とイライラ女の対処法

彼氏や旦那にイライラする。このように述べる女は少なくありません。そこでなぜイライラしてしまうのか、またイライラする男はどんな男かをご紹介。女のイライラへの対処法もありますので、参考にしてみて下さい。

女性脳と男性脳の違い

そもそも女は男に対して、イライラしやすい脳といえます。なぜなら、女の脳は違うことを同時に考えるのに長けているものの、一方で男はそうではないからです。男の脳は、1つの物事を集中して処理することのほうが得意。そのため今の課題に集中している時は、それだけしかやりません。違うことに気をとられ、中途半端になってしまうことを嫌います。頭の中には、1つずつやるべきことの順序があるのです。女は、順序にこだわらず、できることを同時にやりたがります。そのためデートも仕事も、同時に考えられるのです。男はデートをするなら、仕事が片付いてからというように考えがち。そのため女から「私より仕事を優先するなんて」といった不満が出やすいのです。

女が男にイライラ:すぐ忘れる男

誕生日を忘れた、デートを忘れたということは、女をイライラさせる原因に。もちろん彼女のことは好き。それでも同時にやらなければならないことが重なると、つい大切なことを忘れやすい傾向があります。元来忘れ物が多い男もいますが、女からするとなぜ忘れるのかが疑問に思えることも少なくありません。あまりにも忘れることが多いと、女から別れを切り出されてしまうことになりかねません。脳の違いもありますが、重要なのは女をイライラさせないこと。そのため手帳に書く、スマホのアラームを設定しておくなどの工夫が必要です。

女が男にイライラ:部屋が汚い男

潔癖症な人ではない限り、一般的に男の暮らしぶりは女よりも汚くなりやすいといえます。尽くす女なら、そんな汚い部屋でもポジティブに掃除をしてくれることでしょう。しかし女のほとんどはキレイな部屋に住んでいるので、汚い部屋はありえないのです。女は細かいことに気が付きやすい特徴もあるため、汚い点が見えてしまうなんてことも。彼女を作りたい人は特に、部屋を清潔にすることを心がけましょう。だらしない性格から部屋が汚くなっている人は、性格も直さないと彼女を部屋に呼べませんよ。

女が男にイライラ:人まかせな男

デートの行き先、旅行計画など、付き合っている女がいる際は、決めることも多くなります。できるだけ協力する姿勢を見せるとベター。人まかせな男に実はイライラしている女も、少なくありません。優しさから女に合わせている男もいると思いますが、女だけに頼っていては男としてマイナス。なぜなら、男にもリードしてもらいたい時もあるからです。女は、どんなに優しくてお人好しな男でも、どこかで男らしさも求めているのです。男ならではの意見も持ちましょう。もしも協力できない点があれば、何もしないよりも相談することが大切です。

女が男にイライラ:偉そうな態度の男

男にリードされたいものの、明らかに上から目線の態度は、女をイライラさせる原因に。さじ加減が難しいところですが、女は女だからといって見下されることを嫌います。自己主張をするあまり、偉そうな態度を取ってしまったなと思ったら、後からフォローしましょう。女がイライラしていても、その感情には怒りだけではなく、悲しみや虚しさが隠れていることもあります。もしも自分が悪いなあと思ったら、素直に謝ることでイライラがおさまることも少なくありません。

女がイライラしやすい時期もある

女はホルモンバランスの関係で、イライラしやすい時期もあります。普段は気にならないようなことでも、とある時期になると、イライラするほど気に障ることも。生理前後は体調不良になりやすい人も多く、気持ちも乱れがちなのです。男は、特に理由が思い当たらないようなら、時期が過ぎるまで耐えるしかありません。付き合っている女ならなんとなく様子が分かると思いますので、その時期にデートをすることや、難しい話を持ち込むのは避けたほうが無難でしょう。女が感情的になって怒ってしまったら男としては、手に負えなくなってしまいます。

女がイライラした時の対処法

女は自分の話を、きちんと聞いてくれる人に好意を持ちます。女がイライラした時は、とことん話を聞いてあげましょう。アドバイスをしたがりな男もいますが、そんな時はアドバイスをすると喧嘩になるリスクもあります。やるべきことはそばにいること。すると女は、しゃべっているうちに頭の中が整理できてスッキリ。話を聞く時は、随時共感してあげると効果的です。また男は結論を急ぐ傾向にありますが、結論を出すようなことは言わないようにしましょう。女が女友達に相談する時は、女友達のアドバイスより、自分の味方になってくれるかどうかを重視していることもあるのです。つまり、男も女から相談された時に、どのようにふるまえばよいかということが、想像できますね。くれぐれも女のイライラにつられて、心を乱されないようにしましょう。

コメントを残す