LINE交換を拒否する女性に注意してください。

婚活サイトや婚活パーティーで必ず通らなければいけないのがLINE交換。

LINE交換は、「捨てアドを教えておけばよい」という対策ができないため、本当に継続的に連絡を取り合おうと思う人でなければ教えてくれないケースが多いです。

ここではLINE交換したくない女性の本音を感じ取ることができる行動パターンについて紹介しましょう。

女性もやっぱり男性の機嫌を損ねてはいけないという気持ちがありますから、直接的な表現はまずしません。

  • 「あなたとはLINE交換したくない」
  • 「友達になりたいとは思えないので交換できない」
  • 「LINEをやっていないから教えられない」

こんな直接的な表現や、すぐに嘘とわかるような表現をしてくる事はまずないでしょう。

ただ、遠回しな言い方をしたところで「LINE交換したくない」というのは紛れもない本音。

その遠回しな言い方をいくつかピックアップしてみました。

「まだ知り合ったばかりだし、もう少し時間が経ってから」

男性としては、気に入った女性に対して出会って早いタイミングでLINE交換したいのが本音。しかし、そういった気持ちとは裏腹になかなか教えてくれない女性もいます。

「早い段階で教えたら軽い女と思われる」と考え、あえて教えてくれない女性もいますし、あるいは本当に教えたくないから断っているケースもあります。

「もう少し時間が経ってから」という曖昧な表現は危険です。こういった女性は1週間や2週間経ったからといって教える気もないです。

断る良い口実と思って口にしているだけなので、あなたに対して好印象を持っていない可能性が濃厚です。

「こんな早いタイミングでいきなり聞くなんてデリカシーがない」、「どれだけ日にちが経っても教える気はない」という可能性が高いです。

こういった女性はあなたに心を開いていません。

「スマホの調子が悪くて……」

これは王道な言い訳の一つで、

「スマホの調子が悪い」
「今スマホを修理に出している」

などと言ってLINE交換を断るケースがあります。仮に本当にスマホの調子が悪かったとしても、良い人なら教えればいいだけの話。

そういった口実で断る人は脈なしです。その後しつこく、「直って調子が良くなった時にでも連絡とりあおうよ」と言っても無駄なのでやめましょう。

ちなみに似たような理由で、

「LINEとかあまりやらないからよくわからない」
「LINEの設定の仕方とかちょっと疎くて……」

などのようにメカ音痴ぶりをあえて伝えてくるのも同じ理由です。脈なしなのでもう縁を切りましょう。

「知り合いと家族にしか教えていない」

LINE交換を申し出た時に、

「すいません、LINEは身内としかやっていないんですよ。メールアドレスでもいいですか?」などと聞いてきたら、かなりの確率で拒否られています。

そのメールアドレスも完全に捨てアド。あなたと継続的にやり取りする意思がないものとみなした方が良いでしょう。

確かに不特定多数の人にLINE IDを教えたくないという人もいます。しかしある程度、仲が良くなってくればほとんどの人が教え合おうと思うはずです。

この言い訳もあなたを断る口実の可能性が高いです。

「私めんどくさがりだから……」

「うーん、私LINE交換しても全然やらないんだよね。必要なことしかあんまり言わないタイプなので……。私はめんどくさがりだから。」

このように予防線を張るような言い方で、やり取りするのが面倒くさいと伝えてくるケースがあります。

LINEの場合、未読・既読の表示があるので相手が読んでいるかどうか分かります。そういった状況が嫌いな人も確かにいますが、気の合う人同士であれば教え合うのが一般的。

これも結局はあなたとやり取りするつもりはないという意味なので、諦めた方が良いでしょう。

似たようなニュアンスでは、

「仕事で忙しいからLINEはあんまり見れないかも。」
「あんまり普段からスマホを見ないタイプなので、連絡くれても見落としがあるかもしれません。」

このようにやり取りを暗に拒否している言い方もあります。

「男の人に教えるのは抵抗がちょっとあって……」

「私は男性恐怖症のところがあって、あんまりすぐに仲良くなれるタイプではないんですよ。なのでLINE交換とかで男の人にすぐ教えるのは抵抗があって……」

このように異性コンプレックスがあるというようなニュアンスて断ってくるケースもあります。

ただ、これも鵜呑みにする必要はないでしょう。本当に嫌だったら出会い系サイトを利用したり、婚活パーティーなどの場に参加するわけがないですからね。

これも断る口実の一つ。もしそういった言い方をしてきたら、諦めましょう。

どうしても諦めたくなかったらLINE IDを教える程度にとどめ、聞き出すのは控えましょう。

相手からの連絡を待つというスタイルですが、なかなかこういった言い訳をする女性は、相手から連絡をしてくることはないです。

コメントを残す