婚活のトラブルを防ぐためには、男性の振る舞い方が重要です!

konkatsu_party_omiai婚活で出会う女性は、結婚に前向きであることはまちがいありません。そのために活動をしているのです。

男性側ももちろん結婚を考えているからこそ婚活をするのですが、女性には「子どもを産む」ためのリミットになる年齢があるため、真剣度は男性に比べてかなり高いです。

だからこそ婚活で出会った女性とうまくいかなかった場合に、トラブルになることがあるのです。トラブルを回避するためには、婚活においては男性側が振る舞いに気をつける必要があります。

気が向かないなら、付き合いを長引かせない

メッセージをやり取りして楽しかったので実際に会ってみると、思っていたのとイメージが違った……ということがありますね。

ここで「断るのは悪い気がする」と考えていて、なんとなくフェードアウトしようとすると、トラブルの種になります。

さきほど書いたように、女性はとても真剣です。会った時点であなたは女性側のなんらかの審査に合格していて、結婚相手の候補として見られています。そこで「次にいつ会える?」など聞いてくる女性が多いのですが、この時に「またいつか」など言葉を濁しているようでは、相手をイライラさせてしまいます。あなたがきちんと断らないうちは、女性から執着されてしまうこともあります。
そうなると泥沼になり、明るく婚活を進めることができなくなります。もし会ってみてピンとこなかった場合には、はっきりと断ることが必要です。

やり取りを長引かせたり、数回会った後に明確な理由がなく断ったりすると女性から恨みを買うことがあるので注意しましょう。

デリカシーのない発言は控える

婚活をしている女性は、自分の年齢や容姿を気にしてナーバスになっていることが多いです。長く婚活をしている人はなおさら、「婚活うつ」に陥っている場合もあります。

だから、普段なら大丈夫な発言やメッセージに対して「デリカシーがない」「セクハラだ!」と過敏に反応されてしまうことがあります。こちらは悪気はなくても女性側がひねくれて受け取ってしまうことで、相手を傷つけてしまう事態に陥りかねないということです。

だから婚活をしている女性には、年齢の話・女性の見た目の話はしない方が無難だと言えるでしょう。そういう話はもっと関係が進んで、真剣な付き合いをするようになってからでも遅くはありません。まだ関係が安定していない時や、相手のキャラクターを見極めていない時には、話題選びに注意が必要だということです。

婚活でトラブルにならないために、この2点に気をつけてみてください。

コメントを残す