やってはいけない3つのNG話題を回避せよ

友達や仕事などの自慢

あなたは女性に仕事の話をしていませんか。仕事が成功した時は特に話したいものですが、細かな内容まで話し、実は女性を飽きさせてしまっているのです。自分の仕事を理解してもらうということに時間を割くより、お互いのことを知るための話をしたほうがお信頼関係につながるのです。

そこで、まず始めに注意して欲しいのが、何かの自慢を話すということです。それは友達と遊びに言ったことや、友達と飲みに行ったという身近なことでも女性にとってはあまり興味が沸かず、自慢していると取られてしまうことも。それは十分な信頼関係が築けていないからなのです。仕事の話も同じです。自分のことを理解してもらおうと思うよりは、まずは女性のことを知りたいという気持ちを伝え、少しずつ相手を知っていくことに焦点をあてることをおすすめします。

マザコンを連想させる母親の話題

婚活をする人たちは、結婚という共通の目標がありますが、合う回数が少ない段階では結婚をイメージさせる話題は逆効果になってしまいます。特に両親にまつわる話や、お母さんとのエピソードは、まだあなたのことを十分知らない女性は知りたくない情報の一つ。

母親と食事に行ったことや、電話がかかってきてうるさかった。というちょっとしたことでさえ、そんなに連絡を取り合っているだとマイナスに受け取ってしまう女性も多いものです。せっかくのチャンスが何気ない会話でも一線を置かれてしまうことも。出会って間もない頃や、お互いの気持ちが確認できるまでは家族の話は控えた方が懸命です。

リアル過ぎる結婚観

結婚という共通のキーワードに少しずつ近づいてきたら、少しずつどんな家庭を築いていきたいかという会話も増えてきます。お互いに理想の家庭像を話し、心がウキウキするかもしれません。

しかし、その内容が細かければ細かいほど現実的過ぎて女性は惹いてしまうのです。「仕事は辞めて家庭に入ってもらいたい」という相手の価値観を無視した理想や、「子どもは男の子と女の子が二人欲しい」など、女性の出産率が低下していることを無視した希望などは、「この人何も考えていない!」と思わせるきっかけにもなってしまいます。理想はあって当然ですが、相手の反応を見ながら少しずつ話しあったり、相手の希望にも耳を傾けるのがポイントです。時には理想と現実が大きく違う場面にも遭遇するかもしれませんが、妥協できる点も考えておくことも重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか。男性の中でやってしまいがちな話題をご紹介しました。心当たりがある人は、これから改善すれば可能性も広がるので、話したいことを変換して伝える工夫もしてみてくださいね。

コメントを残す