こんな男は嫌われる!ネットだからこそ気をつけたい婚活のNG行動とは?

今、結婚したい女性たちはとても積極的です。

出会いを求めてたくさん男性を見ている分、目が肥えている人が増えてきて男性への目線がとてもシビアになっています。

ネットでの婚活が一般的になってきた今だからこそ、気をつけておきたい婚活のNG行動があります。

逆に言うと、これをしてしまうとネット婚活がうまくいかない、女性にモテない原因にもなります。

「そこまで厳しい目で見られるのならこちらからお断りだ!」「上から目線の女は嫌だ!」と怒るのは簡単ですが、単にいくつかのポイントに気をつけるだけでそれらの女性にも好かれるんだと考えてみてください。

実際、これらのポイントはとても簡単なものです。

NG行動を避けるだけでいいなら、実行しないと損だと思いませんか?

NG行動1…すぐに会いたがる

ネット婚活は、メッセージのやりとりから始まるケースがほとんどだと思います。

こういったやり取りの時間、けっこう面倒くさいと感じてしまう男性が多いようです。

実際に会ってみないと何も分からない、会ってみないと付き合うかどうかを決められない、という意見はもっともですが、あまりに会うことを急ぎ過ぎると女性は警戒して引いてしまいます。

そもそも女性が真面目に婚活をしているのであれば、会う機会は必ず早いうちにやってきます。

「会ってみないと分からない」と思っているのは、女性も同じです。

だからこそメッセージのやり取りの数回目で会う話を匂わせたりしない方が、女性の意志を尊重する雰囲気を出せるので好感を持ってもらえます。

まずはやり取りを楽しむ余裕を持って、相手の情報収集に努めましょう。

そして女性側から「会いたい」と言ってきたなら、快諾しましょう。女性側から申し込んだという事実があれば、デートの時に主導権を握ることも簡単です。

NG行動2…会話のキャッチボールが成り立たない

女性は、会話のキャッチボールを好みます。

もし女性が日常の他愛もない話をメッセージで送ってきた時に、その話題を無視して自分の話したいことを送ると、女性はガッカリしてしまいます。

女性が振った話には、基本的に必ず何かコメントを返すようにしてください。

まずは「そうなんだ」「よかったね」など、当たり障りない返しできちんとその話題にも触れてあげましょう。

その一言だけで、女性はキャッチボールができたと思ってあなたに好感を抱きます。

そうすれば、その後に男性側から振った話題に対して「私もきちんと答えなきゃ」という気持ちになります。

また実際に答えることで、またキャッチボールが成立した気分を味わいます。

これを続けていれば女性側は「この人とのメッセージはすごく盛り上がる。実際に会ってみたい」と思い始めるでしょう。

ネット婚活だからこそ、メッセージのやり取りには気をつけてみてください。

コメントを残す