出会い系の出会いは理想の相手と出会いやすい

見合いや紹介、趣味、仕事などの他、バーやパーティ会場、盛り場、公共の場など、男と女が出会う機会は、多様に存在します。

しかし、婚活となると、単に出会うだけでなく、その後に及ぶ継続性も見逃せません。

将来を見据えて出会いの機会を探す際、軸に置くべきものに、付き合いの継続性があります。

この継続性において面白いデータがあります。

出会い系サイトで知り合ってゴールインしたカップルの割合は、欧米ではすでに2割に達しているそうですが、リアルの出会いから結婚に至ったカップルより、離婚率が低いそうです。

このことから、出会い系サイトを通じて知り合ったカップルは、長続きする傾向が強いと言えます。

せっかく知り合って結婚しても、簡単に離婚したのでは意味がありません。

付き合いの継続性、すなわち終生の付き合いを前提とする婚活において、出会い系サイトを利用することは、有効な手段だと言えるのではないでしょうか。

婚活のために出会い系サイトを利用することの優位性について見て行きます。

会う前に多くを知っている

いきなりリアルで出会う場合に比べ、出会い系サイトを通じて出会う場合すでに、お互いが相手についてかなり多くのことを知っています。

このためリアルに出会う場合のように、話題が限定されることなく、初めて会うにもかかわらず、メールでのやり取りを通じて得た情報を元に、さまざまな会話を楽しむことが出来るようになります。

これが、出会い系サイトを通じての出会いを、より魅力あるものにしています。

また、メールなりチャットでのやり取りは、衆人監視の下で行われるリアルの付き合いと異なり、何人にも監視を受けなくて済むため、より直接的(直感的)な内容を早い段階から相手に投げかけることが出来ます。

しかも、面と向かうことなく文字でのやり取りであることが、より直接性を高め、しいては本質的な会話にまで発展させやすくします。

したがって、出会い系の出会いを魅力たらしめるためには、こうした深いメール交換のプロセスに、一定の期間を割くことがマストと言えます。

会って不満な時は断りやすいから理想の相手を探しやすい

メール交換に十分な期間を取り、深い内容のやり取りをしていれば、それだけ相手に対する期待も高まります。

しかし、実際に会った時、相手に満足を得られない場合もあります。その時は、バーチャルの期間が魅力的であっただけに、現実の失望も大きくなりがちです。

その際は、また別の会員のプロフィールを眺め直し、メールから始めることになります。

それでは、リアルの出会いではそうしたことは起こらないかと言えば、付き合って魅力を感じなければ、また別の誰かにアプローチする点で変わりありません。

しかもそれをするにしても、出会い系の場合はより支障(わずらわしさ)が少ないため、別の会員へのアプローチがかけやすいメリットがあります。

出会い系の場合、バーチャルからリアルに出て不満足を覚える独特のリスクは存在するものの、そのリスクもヘッジしやすいことが、満足の出来る理想の相手と出会える可能性を高めます。

バーチャルで知り合い、メールでお互いをよく知り、実際に出会い、満足出来なければ新しい人を探す機会も、バーチャルではリアルより格段に多いのも魅力です。

そのことが満足のいく結婚につながり、結果として長続きする継続性のあるカップルを誕生させているのだと言えます。

コメントを残す