デートで彼女と「波長を合わせる」

楽しみにしていた彼女との初めてのデートは何としても成功させたいですよね!

どんな服装をしたら良いのか、どこに行ったら良いか、何を話したら良いか、とか悩む事は多いでしょう。ここで大事なのは、「彼女に波長を合わせる事」です。

デートの服装

まず服装ですが、まず第一条件として清潔感がある事が必須になります。

しわくしゃやシミがついたスーツ、サイズが合わないズボン、のびっぱなしの髭やボサボサの髪は厳禁です。女性は男性より、かなり細かいところまで見ますから清潔感については特に注意が必要です。更に清潔感があれば、普通のルックスの人もカッコよく仕事も出来るように見えるものです。

次に大事なのは、「彼女に合わせる」事です。例えば、いつも女らしいワンピースを着ている女性とのデートに、ジャージやトレーナーを着ていったら、まず二人で歩いて違和感がありますし女性も幻滅する可能性あります。逆にいつもジーパンやTシャツを着ている女性とのデートで、アルマーニのスーツでビシッと決めても、違和感を持たれるでしょう。

初めてのデートで大切なのは「波長を合わせる」事です。会話の波長を合わせるのは、ある程度のテクニックが必要ですが、まずは見た目から波長を合わせる事は誰でもちょっと気を付ければ出来る事でしょう。

デートの場所

デートに行く場所にしても、彼女の趣味を普段から聞いて提案するか、分からない場合は彼女に聞いた方が良いでしょう。「デートは男性が全てプランし男性がリードすべきでは?」という考え方の男性がいますが、例えば、後からベジタリアンだと知った女性を焼き肉屋に連れて行っても困らせてしまうだけですし、庶民趣向の女性を高級フランス料理店に連れて行っても緊張してリラックス出来ないでしょう。また、彼女に聞いた方が紳士的だと思われますし、大事にされている、と思われますよ。

デートの会話

会話も、まずは「女性の話を聞いてあげる」事が何より重要です。あいずちをうち、自分が話す際は話すスピードを女性になるべく合わせる、時々同じしぐさをする、という事で波長があってきます。同じ仕草をする事をミラーリングと言いますが、例えば彼女が肘をついたら、さりげなく肘をつくなどします。毎回やるとわざとらしくなりますので、時々さりげなくやる事がポイントです。

そして、波長があうと、「この人といると何となく落ち着く、居心地が良い」、更に「また会いたい」と思われるようになるのです。

コメントを残す