初めてのデートでも失敗しない!第一印象をアップさせる食事のマナー

初めて異性とのデートで食事に行くというのは想定の範囲内です。食事のマナーは大丈夫でしょうか? 食事の仕方によっては相手からの印象が大幅にダウン。もう会ってくれなくなってしまうことも。今後のお付き合いを左右する食事のマナーについてもう一度見直してみませんか?

食べる音に気をつける

食欲が減退する、一緒にいて恥ずかしい、会話に集中できないなど非難轟々浴びせられるのが食事中の食べる音です。食事中に「くちゃくちゃ」と音を立ててしまうのは大きなマイナスポイント。口の中に食べ物が入っているときはしゃべらずに、きちんと飲み込んでから話し始めましょう。口の中に入っている状態で話をすると、口の中のものが飛び出すというリスクもあります。

お箸の持ち方・使い方

食事中に気になる相手の仕草としてお箸の使い方が挙げられます。どんなにいい話をしていても、箸の持ち方が独創的だった場合、それだけで雰囲気は台無しです。デート相手はあなたに対して「子どもっぽい」「かっこ悪い」「だらしなそう」という印象を抱いてしまうことでしょう。お箸の持ち方は要チェックです。

また、お箸の使い方も重要です。お箸を人に向けて指す「指し箸」や食べ物に箸で触るものの結局は取らない「迷い箸」はマナー違反です。箸から箸へと受け渡しを行うのもNG。これらを行えば一気にドン引きされててしまることでしょう。

洋食のフォークの使い方

ちょっと良い洋食のレストランに入ると困るのは席にフォークやナイフ、スプーンが並んでいることではないでしょうか。どれを使ったら良いかわからないけれども、恥ずかしくて聞けないという事態に陥りがちです。フォークやナイフはコース料理などで前菜から順番に外側にあるものから使っていきます。食事中で、まだ使っているときはハの字にナイフとフォークを置き、食べ終わったら揃えて置いておきます。

よく間違えがちなのが、切った肉や野菜などをフォークの背に乗せて口に運ぶことです。実はこれはマナー違反なので、フォークを使う際には刺したり、フォークの腹に置いて口に運ぶようにしましょう。

店員を呼ぶ際は静かに

注文の際にはよく「すみませーん!」と声を出してしまいがちです。騒がしい居酒屋や大衆食堂などではそれも良いでしょう。しかし、デートで訪れるような雰囲気の良いお店で食事をしているときは、大きな声は無粋以外のなにものでもありません。他のお客さんにも迷惑になる上、デート相手にも恥ずかしい思いをさせてしまうことにもなります。

呼び出しボタンがあるときはボタンを、ない場合には店員さんがこちらを向いたときにさっと手を上げて呼ぶのがスマートです。指を鳴らすまではする必要はありません。手を挙げるのは男性が行うのが良いでしょう。

コメントを残す